今年も締めはシンプソンで!

投稿日: カテゴリー: 渓流フライフィッシング紀行

「爽快渓流クラブ」毎年恒例にしている忘年会、今年もやっぱり京都が誇る名店「TAVERN SIMPSON」で開催。
俳優の國村隼さんに似て接客上手のマスターと、いつも気さくなバーテンダーの
Rさんが醸し出す暖かくて和やかな雰囲気はちょっと小粋で大人の常連さんが通うお店として今年も健在である。

今回は久しぶりにBird氏も参加、老師・職人・業師といったいつものメンバーに加え奈良県からDA氏、大阪からMチャンも駆けつけて総勢7人の顔がそろった。

image1

今年訪れた一つひとつの渓をそれぞれの目に浮かべながらの話は尽きない。

念願の40アップのイワナを記録したBird氏、今シーズンもしぶとく尺イワナをゲットした老師、今年初めて尺イワナをキャッチした職人と業師、12年のキャリアを持ちながら未だに尺の影を追い続けるDA氏、東さんや渋谷さんのキャスティングスクールに参加して着実に腕を上げている松チャン・・・。
それぞれのフライフィッシングが繰り広げられる話題の中で光と影が交錯する。

そして宴もたけなわになった頃、新たに3人のフライフィッシャーが合流。
フライショップオーナーのKさんとショップのお客さんのBさんとMさん。

image2

このBさんMさんは爽快渓流ブログのフォロワーで、この日の忘年会に敢えて参加を希望してくれたとのこと、ここにまた新たなFF仲間の輪が広がった。

お気に入りの渓の話、勝負フライの話、3人が合流してさらに会話が盛り上がる。
いろいろ話を聞くとBさん、Mさんはかなりの強者のようで、我々が尻込みしている渓へもどんどん足を延ばし、大きな成果を出しているらしい。
還暦も過ぎ、安・近・短フィールドでお茶を濁している身にはかなり刺激的だ!

『今度はあそこの渓へ行ってみよう!』、『7月の釣行会は※※川で決まり!』等々、来年の話をしながら愉しかった集いが散会となった。
帰りにシンプソン特製のいつものダイアリーを頂いた。
毎年これに釣行記録を付けているが、アナログ人間には有難いツールである。

今年も1年有難うございました。来年のご多幸とご健康をお祈りいたします。
『来年も無事で愉しい釣りが出来ますように・・・』

今年も締めはシンプソンで!” への2件のフィードバック

  1. 今回は新たな仲間との出逢いがありました。
    新しい年も良い釣行会ができますように・・・。

  2. 今年はogさんと行く機会がなかったですね
    楽しい忘年会でした。
    ogさんならびにメンバーの皆さん、Kさん、Bさん、Mさん、皆様良い新年をお迎えください。

コメントは受け付けていません。