滋賀e川Oike川

投稿日: カテゴリー: 滋賀

昨夜は2:30に目覚ましをかけて石川TD水系に行くつもりであったが、目覚ましをきってもう少し寝よう…が7:00まで寝てしまった。
どうもウダウダ病はなかなか治りそうもない。
今週はこの時間から遠出する気にもならず、今週はやめだなと将棋を(PCと)打っていたら負けるはずのない段階でミスってしまい詰めで持ち駒を使い切るという負けパターンにはまり投了してしまった。
こんなミスをするのは勝ちを焦ってしまっている、やっぱり気持ちは渓流に飛んでるな。
遠出はしたくない、家にも居たくない、近場で釣りとなると滋賀e川しかないが谷の小さいのにも飽きたし、どうしようと思ったが、Oike川は最近どうなっているのか見てみたくなった。
1時間で到着できるので楽なのだが、釣れないのが玉にきず。
永源寺ダムのダム湖畔の道路工事のためか水位が落ちてバックウォーターがいい感じだったのだがここは下流漁協となる、どちらにするかしばらく悩んだが、今日はOikeをやる!
まずは君が畑まで行って河畔で昼飯、川はやっぱり埋まってる。チャラチャラで釣りの意欲もわかない。
釣り券買って、やらずに帰るほどの余裕は持ち合わせていないので上流の堰堤上から取り敢えず入ってみることにした。
入渓14:20、入ってしばらくはチャラチャラだったが、案外いい渓相に戻りつつある区間に入れたようで少~しやる気が出てきた。
やっと出てくれたのは20cm弱、まぁこのサイズだろうな。こいつがイワナだったのでやっとe漁協もこんな川になったらイワナがいいってことに気が付いたのかと期待したが、イワナポイントをいくら攻めてもこの1尾だけだった。
アマゴポイントに狙いを変えて出たのは20cm弱のアマゴ、まぁ釣れないよりましと釣り上る。結構ポイント的にはいい感じなのでそこそこのサイズが出てくれてもよさそうなんだがと思っていたら、出ました。ヘッドアンドテイルで気持ちいい出方。やったぜ、と思ったが、あまり小さなサイズばかり見ていたので22cmほどのが結構なサイズに見えてしまった。
この後川の状態が砂漠のようになってきたのでこの区間を終わる。

  • チャラチャラの流れは元に戻りそうにない

16:30、今日入りたかった政所から箕川間に移動
この辺りも以前の半分も回復してはいないがチャラチャラでもない。少しは期待できるかも。
しかし、真新しい足跡が砂地に残っている。仕方ない、もうこの時間だし移動しても同じかと我慢釣りに徹することにする。
粘って出る気はしないので一発勝負の流しに徹してトレース数で勝負する。出るべきポイントをきれいに流しきって出なければ居ない。
で、やはり出る気のある奴は一発で出る。きれいな川育ち、23cm。
その後数匹出るもののやはり小さい。
19:00も迫ったころ今日初めてライズ発見!出てくれたのは今日一の26cm、残念ながら成魚放流だった。まっしかしこれで納得。
  • 今日一番綺麗だったアマゴ

CHAYA川は壊滅的だしKWANZAKI川はややこしくなってるし、せめてOIKE位まともに回復してほしいものだ。
イワナが画期的にOIKEを変えるんじゃないだろうか。
10数年のブランクだったが、懐かしくて悲しくてそして少し期待も!

滋賀e川Oike川」への2件のフィードバック

  1. 暇なもので…
    E川に注進してる訳ではなく、暇潰しに行きやすいだけの事です。

  2. Birdさん毎週末、お疲れさんです。今年は何故かE川水系にご注進なんですね。
    今週も好天が続くようですのでぼちぼち北陸方面への釣行も良いのでは。
    既に行かれたようですが・・・。
    来週日曜日の教会でのコンサートが済めば一度行きたいと思っています。

コメントは停止中です。