雨上がりのU川爆釣!

投稿日: カテゴリー: 福井

梅雨入りで週末の予定が吹っ飛んだフライマンも多数おられたことでしょう。
福井や石川の各河川も大増水ではないものの濁りが出るくらいは十分降りました。
水引きの早い川なら午後から狙いでイブニング一発勝負が出来た方もおられるのではないでしょうか。
今回増水濁りは承知の上で狙ったU川!狙い通りの素晴らしい釣行でした。

  • のどかな美しい谷

遅めに出発したので途中のASUW川の増水を確認、強いささ濁りだが水位の上昇はさほどでもない。

6:00頃九頭竜を渡る橋に到着、ミルクコーヒーが流れていた。U川本流も増水と濁りで餌釣りにはもってこいの水況。
午前中は谷で遊ぶ、入ってすぐの堰堤上で入渓の準備をしていると2台の車が上流へ、後の車のおにいさんがこれからですかと声をかけてくれた。はいと返事すると何か言いたそうな雰囲気だったがそのまま上流へ走って行った。
上流がいいですよってことかな、ありがとう。
この辺りはまだ堰堤が高いのと堰堤間が短い、だから様子見にはもってこい。ちょっとやって様子見てすぐ移動の釣りには最適。
増水はしているが濁りはない。増水で普段はたいして水がない渓相もなかなかいいポイントが出来上がっていたが、反応はしぶい。
18cm位のが神経質にでるだけ。30分ほどで堰堤着、迷わず引き返す。
そろそろ上流組は入渓している時刻、私も上流へ向かい入渓できるポイントを探す。
10分も走っただろうか、この谷の良さが一望できるポイントに到着、ここからぼつぼつ釣上ることにした。
入ってしばらくは小さいのが出るが深さのある広いポイントが続くところから20cmを超える標準サイズが元気よく飛び出してくれだした。
あまり上流に行くとフライでは釣り難いのでこの辺りを狙っていたのだが先行組は運よく素通りしてくれたようで、昼まで小堰堤のプールまで23cm前後が飽きない程度に飛び出してくれた。ここのイワナはSNMのと同じで白泡の切れ目からバンと出るので面白い。
11:00頃に一度電話を入れないとならないことがあったのでプールをやった後一度村まで下りなければならない。
小堰堤プールに11:00前、ここをやって下りることにする。
ところがこのプールがすごかった。25~6cmがバシバシ出てくれる。30分ほどやって8尾出た。
昼寝の後もう一度やることにして電話一本の仕事をして戻る。
ちょうどこの堰堤の上が広場になっているので昼食を済ませて昼寝、先週と違い曇り時々晴れで風も爽やか。昼寝には寒いくらいなのでライトダウンを着て、足にはフリースジャケットをかけてちょうど良い気温だった。
3:30頃までぐっすりと休めたので、今日はイブニングまで楽しめるぞと昼に上がったプールから始めた。
このプール、午前中にあれだけ釣ったのにまだ釣れる。午前中より少し大きめがボコボコ出る。掛けた後の引きが見えるのが何とも楽しかった。
いちいち計るのも面倒だったが一応大きめのは計ってみた。最長で27cmだったがまだ9尾もヒットしてくれた。逆巻きでフライを上流側に流し込まなければならないポイントの連中はさすがに手ごわかったので、フッキングできなかったのが同じくらい出たから20回くらいアタックがあった勘定だ。

  • 17匹釣れたポイント

時間帯が良かったのか、プールを後に釣り上ってほぼ入れ食い状態となった。型も25を優に超えるやつばかりが数えるのも面倒なほど釣れまくった。ここは禁漁区か!思わず叫んでしまったほどだ。
イブニングは最下流のバックウォーターでと思っていたので5:30過ぎに到着した堰堤下で終了という最終ポイント。
出てくれました。小さな飛沫を上げて食ったので小さいかなと思ったが、グイグイと引きまくり擦れかと思うほど走ってくれた。
ちょうど30cm、先週もちょうど30cmを一尾あげたがどうも今季はぴったしサイズに縁がある。
もうバックウォーターはどうでもいいか、暗くなるまで上流をやろうかと思ったが、熊の巣窟で暗くなるまでというのはさすがに怖い。
バックウォターでのイブニングはそれなり、標準サイズのイワナとヤマメを数匹あげて終了した。やっぱり谷でイブニングしとけばよかったかなぁ。

雨上がりのU川爆釣!」への2件のフィードバック

  1. 先日は老師が32㎝をキャッチして、今年のU川は期待できそうですね!
    こちらは二週間続けて仕事でした。
    さあ今週からと思っても梅雨前線に邪魔されそうです!

    1. お忙しそうで何よりです
      週末の天気が気になる季節になりましたね
      適度に降ってくれるといいんですがね

コメントは停止中です。