愛宕山、この秋4回目

投稿日: カテゴリー: 登山

職場の人とこの秋4回目の愛宕山行ってきました。 愛宕山の三角点は神社の924mから100mほど下にあります。 神社の上に三角点を置くのは不敬だからだそうです…よくわからないんですが ここが三角点 山頂より下にある三角点 黒門です。 到着 ikuko 愛宕山の話は面白い。 5000回登山の記念碑を立てた人が居る。毎日登る人が居る。早く下ってしまったのでと、その日にもう一回登る人が居る。 延々と階段の続く登り、最初の茶店は1合目辺りで、この辺りで既にへたってしまっている人も居たりする。 とにかくそこいらの登山道とは一味違う登山である。 私は二度と登りたくない道である。 季節柄、NHKで坂の上の雲を3年越しでやっているが、エンディングに出る山は北アルプス小蓮華山だそうだ。とても素敵だ。あんな天候の山を撮影するには何日もかかったに違いないが、愛宕山のように近ければあんな天候をめがけて何度も登るに違いないだろうな、きっと。

高島トレイル-5番 二の谷山 (ポイント13)

投稿日: カテゴリー: 登山

雨は上がり晴れてくる予報…8:30水坂峠到着、小雨、強風。夜半には雨は上った筈の予報なので暫く待てば天候は回復してくるだろうと思い、車内で雨上がり待ち。 上がる様子はなく、風は強くなる一方。まぁ今回は高度差320mほど、往復3時間程度なのでのんびりしようと一眠りしてしまった。 目が覚めたのは11:30。何のために早くから家出してきたのか分からない。 お陰ですっきりした。雨も何とか上がったようだし行ってみよう。本来は前回からのルート抜けの赤岩山まで午前中に往復して二ノ谷山へ向うつもりだったがトレイル制覇を目指しているわけでもないし…マッいいか! 12:10水坂峠(ポイント12)出発 10分ほどはまったり登るが突如現れる急斜面、まるで堰堤巻きのような…斜度40度は下らないはず。トレッキングポールがないと滑りそうだ、軍手で這い蹲って登るほうが楽なような。 雨がまた降り出し、強風が北西斜面(日本海側)から吹き上げてくる。薄手のインナー用ダウンジャケットだけでは耐えられなくなりカッパを着用。 2度の堰堤巻き斜面をこなしピーク486 あと100mか、今回は楽勝やなと思いきやガッツリ下る、次のピー […]

たどり着いたらいつも雨降り

投稿日: カテゴリー: 登山

天気予報通り、強風、雨でした。 大御影山へ河内谷より3時間。 風と雨と寒さで…おまけにあられまで降ってきました、撮影後すぐ退散、風裏まで下りてシジミ汁で暖まりました。

百里ヶ岳~根来坂峠 P22~23

投稿日: カテゴリー: 登山

今日はいつものメンバーで百里ヶ岳へ、高島登りはいつもここからだ。 天気予報は晴れ時々くもり、ところが…やはりこれからのシーズンは日本海側からの風が雨雲を運んでくる、小入谷峠から稜線沿いにゆっくりと登りだしたが、途中から小雨が降り出した。百里ヶ岳頂上でなんとか止んだかなとコーヒータイムしてたらまた本格的に降って来た。 滑り易い斜面を気をつけながら降りて百里新道分岐から根来坂峠に向う。 根来坂峠の地蔵を拝みポイント23 旧鯖街道を降りる途中天気もよくなったので、視界の開けたところで山並を見ながらの遅い昼食は、Fちゃん手作りの炊き込みご飯おにぎりで舌鼓。 焼尾地蔵から暫く林道を歩き小入谷支流に下りるショートカットに入り無事下山。 おまけでカメラ隊のモデルを業師とFちゃんがこなしてあげたのできっといい写真を送ってもらえるだろう。 百里のハイキングは結構好きだ。

紅葉の武奈ヶ岳:比良

投稿日: カテゴリー: 登山

鴨川の紅葉もそろそろかなという感じなので武奈の辺りは今真っ盛りだろうと朝8時半、坊村役場前駐車場に着くと既に20台ほどの山登りらしき先客、川向こうには7~8人のグループも居て、さすがにこの時期は人出が多い、比良ロープウェイが動かなくなったので湖西方面からのアクセスにはかなり時間がかかるようになり、朽木からの御殿山コースを取る方が増えたのだろう。 今回も明王院から登る ブナの森の紅葉は少々盛りを過ぎていた 御殿山から武奈ヶ岳(一番右頂点の少し後ろだが)を望む お約束の山頂 帰りの西南稜

未だ開幕せず…高島トレイル7番赤坂山(ポイント5)

投稿日: カテゴリー: 登山

毎期GWから開幕する、ほぼ京大演習林からである。 今期のGWは毛鉤の生産が間に合わなかった。おまけに冬場をだらだら過ごしたので足に自信がなく、腰も上がらないといったやる気の欠落を乗り越えられなかった。そんなことで未だ開幕していない。 本日は本来1日の予定だった花の赤坂行き、1日の雲行きが悪く今日に延期した。マラソン部のFちゃんと業師が同行してくれた。 赤坂くらい楽勝と思っていたが、なめていた。 マキノ温泉ー粟柄越ー赤坂山ー明王の禿ー三国山ー来た道を引き返す。8:30出発、16:00帰還という思いもよらず時間がかかってしまった。 赤坂山までのだらだらと長く続く坂にはイワカガミ、トクワカソウ、イカリソウ、キスミレ、カタクリ、紅白桜、コブシなどが美しく咲いていたが、坂が長すぎ! 11:00頃やっと到着赤坂山(ポイント5) ここから100Mは降りたんじゃないかと思うくらい下る、そしてまた明王の禿まで急登 そしてまた50mほど降りて三国山へ向う この三国山の急登がまた長く、空腹の身体にはかなりこたえた。 三国山(ポイント3) 今回は来た道を引き返す、帰りが怖くなった。また明王の禿、赤坂山の急 […]

高島トレイル-6番 三国峠(ポイント26)

投稿日: カテゴリー: 登山

今回はリバーランズ角川主催、スノーランズ高島! ZERO GRAVITYさんのガイドで朽木生杉からナベクボ峠を経て三国峠へ ゼログラビティさんから初めてのスノーシューをお借りして雪の中へ 林道を暫く歩き若走路谷沿いにナベクボ峠へ 後続を行く私は雪の急登、トラバースもらっく楽、先頭をラッセルしていただいているZGのMさんに感謝 生杉から小1時間ほどでナベクボ峠 ここから傾斜がきつくなるが皆さんガンガン登ってゆく、付いて行くのがやっと…適当に休憩しながら登る、雪に踏み跡が残るので迷うことはない。 冬のブナは寝ているのだろうか、日本の四季は本当に穏やかで美しい。 ナベクボ峠から普通は2~30分で着くらしいが4~50分かかって到着、三国峠(ポイント26)775.9m。 積雪2mほどもあり、雪を掘って貰って標識を撮る。 スノーシューも楽しいが、やはり弁当は楽しい。腹を減らして食う弁当は格別である。 生杉から付いて来た隠れガイドのワンちゃんも皆さんから御裾分けをもらって良かった良かった。このワンちゃん、勝手に付いて来るが決しておねだりしたり、漁ったりはしない礼儀正しいワンちゃんである。次はこの彼 […]

活性は自分で上げる

投稿日: カテゴリー: 登山

今年は良く降ってくれる。というか降りすぎ? 本来、朽木はこれくらいは毎年降っていた、ここ何年か降らな過ぎだったんじゃないかと思うが如何でしょうか。 天気予報もこの頃少しずれてくるようになったが、気象庁さんに頼るしかないので予報を見ると、本日は晴れる、明日からまたかなり降り出すとのこと。 今日行くしかないと思い、朝早く起床、寒い! コーヒー飲んだり、朝飯食ったり、もう一度天気予報確認したり、コーヒー飲んだり、タバコふかしたり…なんだかんだやっててても少しも暖かくならない。 室温15℃、おまけにコタツに入ってあれこれやってるのに何だか寒い。寒いなぁ…止めようか、もうこんな時間になってしまったし… いつもはこれで止めてしまうのであるが、今日は家に居ても寒い。ええい暖まりに行くかとやっと出る気になった。 ほんまに年とるとなかなか腰が上がらなくなるもんだ。 お昼前の渓流魚センター付近の道路状況はこんな感じ。 林道起点は前回より20cm程深くなっているが、軟らかそうだ。 先行者は多分スノーシュー、10cm程沈みながら歩いている。スキーでは辛そうな感じだが、とりあえず履く。 100m程行ったところで […]

初詣

投稿日: カテゴリー: 登山

明けましておめでとうございます。 期待してみた民主党もただの人ばかりで呆れ返ってしまった昨年。 こうなれば神頼みしかないかと初詣でも行ったのかとお思いかもしれませんが、神にも仏にも遠の昔に見限られたようで一向にご利益がないので滋賀の朽木、遠敷峠の途中にある地蔵さんまで散歩してきました。 秋とは全く表情を変えてしまった白と黒の世界、登りにかかるまでは浮力が足りないショートスキーは一歩一歩グッグッと埋まり前に進むにはカンジキ歩きとなってしまう。 私の前に二人のスキーの痕跡があるが全く埋まっていない、やはり長いのがいいようだ。いいのは良く分かっているのだが、99cmの板でも取り回しに苦労しているのに170cm程にもなる板が思うようになるのか?無理だ。 登りにかかる斜面は西向きである為雪はカチッと硬い、埋まらずに軽快に登れる。ワックスも掛けずに来たのでシール無しで登坂可能、すこぶる好調に登れるし、この調子なら帰りはスイスイ、楽しみだ。 東斜面に移って雪が柔らかくなりまた苦労の登坂となるが目的の焼尾地蔵はもうそこである。 百里ヶ岳はあのあたりかな 1時間とチョットで到着、焼尾地蔵小屋だ。雪のない […]

高島トレイル-4番 三重嶽(ポイント10)

投稿日: カテゴリー: 登山

今回はいつものピークハント1本をもう少し頑張ってトレイル1区間、武奈ヶ嶽~三重嶽約12~3Km(登攀、下山を含む)を歩いた。 og氏、老師、職人とも全く興味なしのところへ彼らと同じ職場の元気いっぱいの女子がいっぺん連れて行けと興味を示してくれ、彼女とマラソンクラブで一緒に頑張っている業師T氏もやってみたいと嬉しいことを言ってくれ、3人の予定を合わせて本日決行となった。 若手F女子と働き盛りのT氏、そして体力など落ちるところまで落ちてしまった私が彼らと共に登攀となると…きついな…と前夜からプレッシャーかかりっぱなしで、おまけに、いつもは弁当お茶程度の軽量パックも、今回は10~15Kgとかなりの負荷…ええい!行けるとこまで行ってやれと、開き直って眠りに就いた。 今回の行程は、石田川ダムから赤岩山740mまでの急登を一気に上がり、稜線沿いに武奈ヶ嶽へ、武奈ヶ嶽北尾根から一度高度を下げ、再び三重嶽山頂まで上り、石田川上流河内谷分岐辺りの-落合登山口-に降りるという、ほぼ3分の2は未体験ゾーン、地図では約7時間半のアップダウン連続というコース。 8:30登山口出発、出足から超急登、楽しようと思い […]

高島トレイル-3番 大御影山(ポイント9)

投稿日: カテゴリー: 登山

大御影山は春には様々な野の花が咲きハイキングにはもってこいの山らしい。 如何せん、春は川通いが忙しく山登りどころではないので紅葉を楽しみに行って来た。 ビラデスト今津という総合アウトドア施設から稜線沿いに登るコースが一般的なようだが、地図を精査せず馴染みのある河内谷林道からのアクセスが割りと楽そうだったので林道車止めゲートから入ることにした。 3日の日遅めの出動で渋滞やら途中から雨やらで結局登山口付近まで行って帰ってきてしまったので、今回は気合を入れて6時出発8時登り開始を予定していたが、結局7時出発9時開始となってしまった。 林道ゲートを9:15出発、しようと思ったところへ木材搬出車が2台ゲートを開けて入っていった。鍵を掛けて入る人に話しかけると「1人か?小さいのがうろうろしてるから気ぃ付けや」と気遣ってくれる。ベルトに着けたホルダーをポンポンとたたき熊スプレーというとフッと鼻で笑われてしまった。 笑われようが私の1人遊びはこの熊スプレーだけが頼りなのである。 乗せてもらおうかと思ったがハイキングに来てヒッチハイクしてたんじゃ何していることやら分からなくなるので喉まで出かかったのを飲 […]

高島トレイル-2番 武奈ヶ嶽(ポイント11)

投稿日: カテゴリー: 登山

軽い風邪をひいて長引いてしまった。 2週を無駄に過ごし百里ヶ岳の歩きも0又はマイナスまで引き返してしまった。 やはり毎日の運動が大事だと思う。 今回は今津武奈ヶ嶽865m、比良武奈ヶ岳とは比較にもならないが病み上がりには丁度良い。 スズメバチ対策スプレーがあったはずなのに見つからず探していたらイライラしてきて意地になってしまった、で家を出たのが10:14。 この時間になると東山五条が混み、湖西道路坂本が混む。登山口の石田川ダムワサ谷に着いたのが12:30、登り始めたのは12:40という山登りには不適切な時間になってしまった。 ワサ谷沿いの林道を少し登ると杉林へ入っていく山仕事道に入る。ここから杉林とヒノキ林をひたすら登る、急な傾斜に九十九折に付いた道はこれといった変化もなく、ただ息が切れるだけの辛い登りだ。 30分ほど登るとヒノキ林の間から三重ヶ嶽がみえる場所で少し休憩するが面白くないので息が落ち着くとすぐにまた登る。 登山口の辺りにあったキタヤマブシは夏の暑さで葉が枯れてしまっていたがこの辺りのは綺麗に咲いていた。 この辺りには白い花を咲かせるトリカブトがあるそうだがまだお目にかかっ […]

高島トレイル-1番 百里ヶ岳(ポイント22)

投稿日: カテゴリー: 登山

高島トレイルは滋賀県高島市の山々のピークをつなぐ尾根(中央分水嶺)80Kmを踏破しようという企みである。 既に踏破された方もかなりあるというが私などは到底無理、なのでせめて登って降りる、30ほどのポイントがあるがピークはさほどない。 いくつ登れるか分からないが、日頃の運動不足により夏の渓流もなかなか歩くのが辛くなってきたのでここらで一念発起、頑張ってみたい。 宣言ではなく希望であるということを付け加えたい。(最初から弱気) まずは以前登ったことのあるポイントから始める、足慣らしには地理的に良く分かっているほうが良い。 まず百里ヶ岳から 小入谷峠の駐車場から登る 最初の尾根のピークまで2~30分 尾根をずっと行く、平坦、急登、少し下り、急登、平坦、急登この繰り返しを何度も何度も 朽ちて土に返る 高島トレイルの林は雪に耐える木々ばかり 私より年上の樹が私より逞しく生きているんだ。 比良山系が眺望できるポイントは風が気持ちよい 小入谷峠から1:40くらいで根来坂峠への分岐点、目標まであと1Km、ここからの急登が辛い。 あと6~700mなのに遠い この登りにヒィヒィ、ほんまに体力ありません。 […]

登り納めは三重嶽

投稿日: カテゴリー: 登山

12月23日朝晴れ、今日、明日と休み。今年の登り納めをしたいと思って夫に相談。角川に泊まって三重嶽行きをきめた。夕食の粕汁の用意をして角川に着いたら真っ暗。でも火がある、ライトがついている、テントをはっている間にリバーランズ角川のご夫妻とお友達の輪に混じってパーティがはじまった。前から気になっていたダッチオーブンの料理、ドラム缶の自家製焼釜で焼いたピザなどエコロジーな手段で出来た現代的な食べ物は純粋な味がしてうれしくなった。いいクリスマスになって有難う御座いました。ウキウキしてテントで休んだ。途中雨の音がしてあららーと思いつつ寝ていた。翌朝雨上がって空青い、よーし行きます。 ほー自転車がある。先に行ってる人がいる。どこから自転車で? 雪はすっかり消えてリーフパイを敷き詰めたような木の葉の上を歩いています。この木の葉には栄養がいっぱいあるんですよね。 太陽が当たるとチョコレート色になります。 ここら辺から雪がありました。もう少しです。よかった、二人ともおなか空いてもう途中ご飯しようか?って胸中でした。 先々週のルートは本谷橋からの1.7Km、今日は落合からの4.3Km結構疲れました。 頂 […]

今津三重嶽-リバーランズ隊

投稿日: カテゴリー: 登山

先週に引き続き今津の山行、またもや朝から雨…しかし今回はリバーランズ角川の方々とご一緒させて頂いていつもとは違う賑やかな山行となりました。 本谷出合いの登山口 稜線はもう真冬に突入してしまってます。 三重ヶ嶽山頂 974m 山頂で昼食中、下界の視界が突然開けて東に琵琶湖 西に常神半島が見えました!でも写ってない… 山頂にはやぐらが立っている 石田川上流河内谷の美しい流れを見ながら林道を歩き本谷からのアクセス、1時間の超急登を我慢して登るとなだらかな稜線沿いのブナ林となり雪に足を取られながらも気持ちよく山頂へ、びゅうびゅうと風がふきだんだんと体温は下がります。奥さん手作りのおにぎりが冷え切ってしまいました。でも風よけをして、バーナーのボンベにホカロンをまき火をつけて豚汁をあたためて食べるとおいしいこと。コーヒーまでも頂きました。当日のお天気は雨のち曇りとの事、だれが何を持ってきて、何人で、どんな人が来て、全く知らなかったのですが、それぞれの持ち物で寒さや、冷たさを乗り切って行けるのはグループ登山のいいところだなぁと感激しました。そしてガスの晴れ間に日本海と、琵琶湖を見て歓喜し下山したので […]