新着記事

渓流フライフィッシング紀行

2022年、渓流解禁最終週釣行

今シーズン自然渓流でのフライ釣行も30日で終了、鮎の方も滋賀県などは同時期に終わってしまう。そこで最後の悪あがきに出掛けたのがK川水系での26日からの5日間。まず向かったのは、K川C漁協管轄のG橋上流右岸での鮎釣り。今年のK川は、ずっと高水が続いていて全般的に数も型もイマイチだった。この日の朝9時に入り、お昼過ぎまでやって20~23cmが6匹。 次の27日も雨模様の中、同じ場所で朝7時から10時までやり、20㎝が2匹だけ。そこで、以前よく掛かった場所へ移動したものの全く無反応。水温も低く鮎タイツでは身体も冷えてきたのでお昼前にギブアップし、オトリ屋さんの多くが店仕舞することもあり今季の鮎竿をたたむことにした。 翌28日は朝からフライに切り替えてU川へ向かう。朝6時過ぎに入ったのはH温泉上流部。K川は増水しているのに、こちらは水が少なく水溜まり状態。しかし、この区間は最も魚影が濃いので、ここぞというポイントでは元気なイワナが飛び出してくれる。奥の堰堤までやり、20~27cmが5匹、一緒に入った連れは最後の堰堤でかろうじて25㎝をキャッチしてボウズを免れた。 ...
2
渓流フライフィッシング紀行

渓が呼んでいる

5月に2~3回行った後6、7、8月と天候不順に阻まれ9月の台風が去った後気温が下がるとムラムラと渓(たに)の誘惑が頭を占領し始めたが、水位は一向に下がる気配もなく3連休後半になってようやく安定してきたが、もう次の休日は10月・・・ 特に休日に釣りに行かなければならないほど忙しい訳ではないがなかなか平日釣りに行くとは大将に申し出難いのだが、もうこの切羽詰まった状況は何とかしておかなければ半年死んだように生きていかなければならないのは嫌だと意を決し26、27日と今年最後の渓流釣りに行ってきた。釣りごときになんでそこまでと思うかもしれないが分かってくれる人は分かる筈 26日午前中野暮用を済ませ11時出発、行先は福井U川、石川富山も行きたかったがここは確実に水位が下がっていて途中の道路も通行不能ではないことが確認できた唯一の渓だったので。 まず初日は様子見でI谷取水堰堤まで行けるのかという問題解決、この悪天候続きの中でも来てる人は来ているのだなぁと思うほど谷沿いの道はきれいに整っていた。秋の日はつるべ落としという、さっそく準備を済ませ取水堰堤から4つ目の堰堤間へ。 5つ目の堰堤まで様子...
2
渓流フライフィッシング紀行

梅雨が来る前に~♪

このところ毎週のK川水系通いです。梅雨前線が活発化する前に “釣り貯め” しておこうという魂胆です。16日は小雨が時々ぱらつく一日でした。期待した前夜の雨は、このところの渇水を補うには全く不十分で、本流は上流で取水されているため水溜まり状態です。仕方がないので、本流よりは若干マシなX谷に入ることにしました。ただ、この谷も上流で取水されているため普段の半分くらいの水量です。まずは、本流との出合いから第一堰堤までに入り、25㎝までのイワナを4匹。続けて第二堰堤までに入って、30.5㎝までのイワナを9匹でした。渇水という不利な条件下で今週も運よく尺イワナの顔を拝むことが出来ました。この尺イワナが出た場所は、かなり以前にH氏がヒットさせたポイントで、普段は水量があり白泡が溢れていて太刀打ちできないのに、渇水時には格好のポイントになるという不思議な小淵です。 また、この日は全てアントパターンで通しました。そろそろテレストリアルが効く季節ですね。 午後からはK川本流で鮎釣り見物をして時間を潰しました。 翌17日は先週も一緒に釣行したMさんと道の駅で待ち合わせし、このところ気に...
0
渓流フライフィッシング紀行

やっと超えました

6月9~10日の2日間、凝りもせずに再びK川水系詣でに行ってきました。少し前にそこそこの雨が降っていて、この時点ではまだ増水中。まず向かったのは、最上流部のキャンプ場下。登山道より上流部には餌釣師が入っていたので、少し下流へ歩いてから入渓。この日の同行者は道の駅で仲良くなったTさん。平水より15㎝程の増水でポイントが絞られる中を苦労しながらの釣り上がり。水温は10℃とやや低目なので、緩いポイント狙いで釣り上がる。しばらく進んだところでTさんに23㎝がヒット。Tさんは全長12ftのシステムで、テンカラ釣り的な釣法を上手にこなしている。更に進んで2つ目の堰堤の白泡の消える辺りで私に良型がヒット。メジャ-を当てると28.5㎝。 又しても尺に届かない・・・! 同じ淵でTさんにも良型がヒット。こちらは28.0㎝だった。その後、お昼前までやって私が25㎝を1匹追加したのみだったのに、Tさんは何と全部で8匹キャッチしていた。私の方は相変わらずロングリーダーに拘って18~20ftでの線の釣り。それに対してTさんはショートリーダーによる点の釣り。こういう狭い場所では点の釣りに軍配が上がる...
2
渓流フライフィッシング紀行

最近の釣行

当ブログ管理人からの強い要請を受け、久々の投稿です。少し前の話で恐縮ですが、5月18日にK川水系へ行って来ました。平日釣行は年金生活者の特権でもあります。その日は午前中にU川に入り、I谷との出合い下流部で29cmのイワナ。そして、夕まずめにK川にて29.5cmのイワナと何と2本の泣き尺をキャッチする事が出来ました。 ただ日頃の行いが悪いせいか、あと少しのところで尺に届きません。やはり尺の壁は厚くて高いです。そして、先週は再びK川に挑戦し、午前中に26cmまでのアマゴ5匹。 午後からはU川に入り、23cmまでのイワナを6匹と超渇水の中で奮闘したものの、やはり水量が減ると大型は姿を見せてくれません。今週は前半に梅雨前線が活発化しそうで、雨後の引き水のタイミングを狙ってみる事にします。でも、鮎も始まるしなぁ・・・。
0
福井

近頃のウェーダーは長持ちしないぜ!!!

昨日、3年ぶりというK氏とU川へ行って来ました。 朝一、3年前に買ったウェーダーを履きながらまだこのウェーダーは3回ほどしか使っていないんですと話しながら久しぶりの渓流釣りに意気揚々とされてる様だった。 いつもの発電所の上から入渓、足元がふらつきますと言いながらテンカラ針を結ぶのももどかしいといった感じで視線はもうポイントを絞り込んでいる様子で胸の高まりが伝わってくる。 水も上々、天気も薄曇りとあとはイワナを拝むだけ。 ところが、どうも最近のU川、魚影がない。居るのは居るのだろうが全く捕食ポイントに出ていない。 暫くやってどうですかと尋ねると、いや~参りました、ウェーダーから水漏れが、おまけに底のフェルトが剥がれかけて歩きにくくてと。その後すぐに片方がペロッと剥がれ、間もなくもう片方も剥がれたのでこのまま遡行するのは危険なのでやむなく一度車まで引き返すはめに。 透湿性のある素材のウェーダーは長靴との接合部分付近がよく水漏れする。ブッシュ掻き分け専門の私など深い場所に立ちこむとジワジワしみ込んでくるのがよくわかる。透湿素材はピンホールが出来やすいから嫌だが、非透湿の蒸れを思う...
2